オーウェン 今季限りで現役引退「カーテンを下ろす時がきた」

[ 2013年3月20日 08:12 ]

今季での現役引退を表明したオーウェン(右)

 ストークの元イングランド代表マイケル・オーウェン(33)は19日、今季限りで現役を引退することを明らかにした。自身の公式サイトに「カーテンを下ろす時がきた。幸運なキャリアだった」などと記した。

 リバプールやRマドリードにも所属したストライカーは代表でも18歳で出場した98年W杯アルゼンチン戦でスピードに乗ったドリブルからゴールを決めるなど活躍。代表戦89試合で40得点を決め、01年にはバロンドール(当時欧州最優秀選手)を受賞した。

 その一方で最近は故障の連続。今季加入したストークでも公式戦7試合1得点にとどまっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月20日のニュース