Jリーグ理事会 「秋春制移行」5月メドに結論

[ 2013年3月20日 06:00 ]

 Jリーグは19日、東京都文京区のJFAハウスで理事会を開き、欧州主要リーグに合わせて16年以降の秋春制移行を検討する「Jリーグ戦略会議」が中間報告を行った。

 アジア連盟でもACL秋春制移行の可能性が話し合われる中、Jリーグの日程編成や年代別代表強化などで利点が多い点が説明され、5月をメドに結論を出す方針。一方で欧州主要リーグではJリーグが現在採用している春秋制移行の可能性が浮上しており、中西大介競技・事業統括本部長は「検討を始めた時とは環境が変わった。世界の動向を注視したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月20日のニュース