C大阪 オウンゴールで先制も…名古屋、玉田弾で引き分け

[ 2013年3月20日 18:19 ]

<名古屋・C大阪>後半、同点ゴールを決め田中輝(右)と喜ぶ名古屋・玉田

ナビスコ杯1次リーグB組 名古屋1―1C大阪

(3月20日 瑞穂陸)
 攻守が激しく入れ替わる展開が続き、1―1で引き分けた。C大阪は後半2分、山口の右サイドからのFKが相手DFに当たるオウンゴールで先制。名古屋は同23分、田中隼の右クロスを田中輝が落とし、玉田が頭で押し込んだ。

 ▼名古屋・ストイコビッチ監督 リードされても落ち着いていた。意図するパス回しができ、自分たちのスタイルを見つけられた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月20日のニュース