帝京長岡 新潟県勢初4強ならず…谷口監督「申し訳ない」

[ 2013年1月5日 19:09 ]

全国高校サッカー選手権準々決勝 帝京長岡1―2京都橘

(1月5日 ニッパ球)
 新潟勢初の4強入りを狙った帝京長岡は2点を追う後半に盛り返したが、7本のシュートが1度しか決まらなかった。谷口監督は「それがサッカー。勝たせてやれなくて申し訳ない」と唇をかんだ。

 後半はJ1新潟入りが内定している司令塔の小塚が位置取りを下げ、味方を走らせることでリズムをつかんだ。それでも追いつけず、背番号14は「あと一歩で負けたのが悔しい。全国の厳しさを実感した」と目線を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年1月5日のニュース