アーセナル監督 日本人欲しい!新たな選手獲得を示唆

[ 2013年1月5日 06:00 ]

 アーセナルのベンゲル監督が新たな日本人選手を獲得する可能性を示した。95~96年に名古屋で監督を務めたフランス人指揮官は3日の会見で、近年の日本人選手の活躍を高く評価し「とても興味深い新たなマーケットは日本だ。例えば今、ドイツで活躍する選手を見てみるといい」とコメント。

 アーセナルにはFW宮市亮(20)が所属し、今季はウィガンへ期限付き移籍している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年1月5日のニュース