長谷部 8戦連続スタメンで王者撃破に貢献

[ 2012年12月10日 06:00 ]

ドルトムント戦の後半、競り合うウォルフスブルクの長谷部(左)

ブンデスリーガ ボルフスブルク3-2ルトムント

(12月8日)
 ボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠が王者撃破に貢献した。

 右MFで8試合連続スタメン出場し、終盤には本職のボランチにポジションチェンジ。相手が1人少なくなったこともあり、逆転勝ちで4試合ぶりの勝ち点3を手にした。長谷部は「結構裏にスペースがあった」と貴重な勝利の味をかみしめ「もっと攻撃の部分でアピールしないと。僕も一試合一試合必死だから」と貪欲な姿勢を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年12月10日のニュース