G大阪「来季監督早急に」 全役員とサポーターが話し合い

[ 2012年12月10日 22:59 ]

 来季J2のG大阪は10日、大阪府吹田市のクラブハウスで金森喜久男社長ら全役員がサポーターと話し合い、来季監督の人選について梶居勝志強化本部長が「まだ名前は言えないが、早急に決める」と伝えたことを明らかにした。

 降格が決まった1日の試合後にサポーターの抗議が深夜に及び、クラブは後日話し合うことを約束していた。この日は今季低迷を招いた監督人事の経緯も説明し、梶居本部長によるとサポーターには「将来的なビジョンをしっかり持ったチームづくりを」と要望されたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年12月10日のニュース