G大阪が遠藤&今野と会談 来季について「けっこう細かい話」

[ 2012年12月10日 15:36 ]

 J2降格のG大阪は9日、日本代表の2人と来季について初めての話し合いを持った。クラブ側から改めて残留要請を受けたMF遠藤は「ありがたいですし、契約もありますから」とこれまで通りの言葉を繰り返した。

 G大阪で初の契約交渉に臨んだDF今野は、過去の所属クラブとは違う査定システムに驚きながらも「けっこう細かい話をしました」と納得の表情を見せた。

 交渉にあたった梶居強化本部長は「J2だけでなく、もっと上のステージのACLでやろう、という話をしました」と説明。6季連続のACL出場を勝ち取るため、松波監督のもとで目の前の天皇杯に集中することを確認した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年12月10日のニュース