ドイツ杯決勝で優勝に貢献!香川 最高評価の「1」獲得

[ 2012年5月15日 06:00 ]

ドイツ杯決勝 ドルトムント5-2バイエルン・ミュンヘン

(5月12日)
 ドイツの専門誌キッカーは14日付で、12日のドイツ杯決勝で優勝に貢献した香川真司に、最高評価の1を与えた。試合の最優秀選手には3得点した同僚のレバンドフスキを選んだ。

 同誌はドルトムントの攻撃の中心となった香川について「センセーショナルな足の感覚の持ち主、3点目につながったパスは見事」と評した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月15日のニュース