エバートン所属のMFケーヒルが豪代表復帰

[ 2012年5月15日 18:14 ]

 サッカーのオーストラリア代表を率いるオジェック監督は15日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選で日本などと対戦する代表メンバー26人を発表し、2006年W杯ドイツ大会代表だったMFケーヒル(エバートン)が復帰した。

 Jリーグ勢ではケネディ(名古屋)アレックス(清水)スピラノビッチ(浦和)ノース(札幌)ミリガン(千葉)が入った。このほかGKシュウォーツァー(フラム)やキューウェル(メルボルン)らベテラン勢も含まれた。

 6月2日にデンマークと親善試合を行った後、W杯予選の代表23人に絞り込む予定で、同8日に敵地でオマーン、同月12日にホームで日本と対戦する。(AP=共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月15日のニュース