名古屋 ACL1次リーグ突破へ!地上戦で活路見いだす

[ 2012年5月15日 06:00 ]

ACL1次リーグG組 名古屋-セントラルコースト

(5月15日 瑞穂陸)
 名古屋は15日にホームでACL1次リーグ、セントラルコースト(オーストラリア)戦を行う。ドロー以上で突破が決まる中、ストイコビッチ監督は「難しい内容になると思うが勝つことに集中したい」と話した。

 期待されるのはアウェー戦を右足首痛で欠場した日本代表MF藤本だ。昨年1月、アジア杯決勝で豪州と戦った経験から、「速くて低いクロスやテンポ良くボールを回していく」と地上戦で活路を開く考えを明かした。エースFWケネディが腰痛で欠場するのは誤算だが、大量得点すれば城南一和の結果次第で逆転首位の可能性もある。まずは勝利をつかみ、天命を待つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月15日のニュース