ザック監督も後押し!川島 セリエA移籍をあらためて熱望

[ 2012年5月15日 06:00 ]

帰国し報道陣に囲まれる川島永嗣(左)

 今季限りのリールセ退団を表明している日本代表GK川島永嗣が14日、成田空港着の航空機で帰国した。来季の去就について「選択肢を限定するつもりはないが、イタリアは魅力的なリーグ。行ければ良い道になると思う」とセリエA移籍をあらためて熱望。

 既にACミラン、トリノ、ウディネーゼなど複数クラブから獲得に興味を示されているが、関係者によると、日本代表のザッケローニ監督もイタリアとの太いパイプを生かして、川島の獲得を各クラブに猛プッシュしているという。

 川島はプレーオフ終了後は米国で休暇を過ごしてリフレッシュ。15日から日本代表欧州組の合同自主トレに合流予定で「移籍に関しては代理人を信用しているし、焦りはない。今はW杯アジア最終予選が一番大事。一試合一試合が取り返しのつかない試合になるし、日本のために頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月15日のニュース