3戦連続白星なしも…清武 反攻誓う「全然問題ない」

[ 2012年5月15日 06:00 ]

 3試合連続白星なしという苦しい状況にあって、C大阪の日本代表MF清武が反攻を誓った。14日の練習は、太もも裏の違和感を訴えて室内での完全別メニュー調整。それでも「全然問題ない。あしたから普通にやります」と言い切った。

 16日のナビスコ杯・広島戦(金鳥)からリーグ中断期間までは公式戦3試合。「この3つは本当に大事になってくる。頑張ります」と背番号8は自らを奮い立たせた。また、12日の清水戦でプロデビューを飾ったルーキーMF吉野が、この日の練習中に腰を強打。病院へ直行となり、離脱する可能性が高くなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年5月15日のニュース