宮市 司令塔・中村が評価「裏に抜けるスピードは一級品」 

[ 2012年2月28日 07:17 ]

シュート練習をする宮市

 日本代表は27日、W杯アジア3次予選ウズベキスタン戦(29日、豊田ス)に向けた合宿を愛知県豊田市内でスタート。初のA代表合流となったFW宮市亮(19=ボルトン)は誰よりも早くピッチに姿を現すなど精力的にメニューを消化した。

【メンバー W杯アジア3次予選】

 冒頭15分以外は非公開となった公式練習で、宮市は早くも快足ぶりを発揮。司令塔の中村から「裏に抜けるスピードは一級品」と絶賛された。

 練習前には約45分のミーティングが開催され、関係者は「初合流の宮市と乾のためのミーティング」と説明。練習後には乾とともにザッケローニ監督の個別指導も受けた。これまでザックジャパンの試合は動画サイトでハイライトを見ただけだったが「想像していたよりも複雑な戦術。吸収していきたい」と意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月28日のニュース