ストイコビッチ監督 実家の手りゅう弾被害に動揺…

[ 2012年2月28日 06:00 ]

 故郷セルビアにある実家の敷地に手りゅう弾を投げ込まれる被害に遭ったストイコビッチ監督が「ショックを受けている。警察の捜査を待ちたい」と話した。

 チームの練習に参加後、名古屋市熱田区の熱田神宮に優勝祈願で参拝して質問に答え「何が起きたのか結果を待ちたい。(実家に帰りたい)気持ちはあるが、自分のやるべきこともある」と胸中を明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月28日のニュース