長友フル出場も…インテル 泥沼の5連敗

[ 2012年2月28日 06:00 ]

<ナポリVSインテル・ミラノ>公式戦5連敗で、うなだれてピッチをあとにする長友佑都(右)

セリエA インテル・ミラノ0-1ナポリ

(2月26日)
 インテル・ミラノは泥沼の公式戦5連敗を喫した。日本代表DF長友佑都は前半4―3―1―2の左サイドバック(SB)で、後半は3―5―2の左MFでフル出場。相手右SBのイタリア代表DFマッジオに手を焼き、前半13分に裏を取られた相手を倒して警告を受けるなど苦しい戦いとなった。

 試合後はドーピング検査のため取材対応せず会場を後にした。最近の公式戦8戦で1分け7敗と低迷して解任危機にあるラニエリ監督だが「もし私が会長なら、解任はしないだろう」となぜか強気だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月28日のニュース