英国五輪代表 ウォルコットやウィルシャーらの動向注目

[ 2012年2月28日 06:00 ]

英国五輪代表選考

 イングランド協会は他協会の協力を得られなければ単独で英国代表を構成。U―21イングランド代表監督から転身したピアース監督が水面下で選考を進め、同協会が各国191選手を対象に行った調査ではギグスやベッカムらが参加の意思を示し、不参加を伝えたのは7人だった。

 6月8日開幕の欧州選手権でイングランド代表入りした選手は五輪から外れる予定で、アーセナルのウォルコットやウィルシャーらの動向が注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月28日のニュース