宮市 つかみはOK!初合流19歳をチームメイトが絶賛

[ 2012年2月28日 06:00 ]

シュート練習をする宮市

 日本代表は27日、W杯アジア3次予選ウズベキスタン戦(29日、豊田ス)に向けた合宿を愛知県豊田市内でスタートした。

【メンバー W杯アジア3次予選】

 初のA代表合流となったFW宮市亮(19=ボルトン)は誰よりも早くピッチに姿を現すなど精力的にメニューを消化。MF長谷部誠主将(28=ボルフスブルク)から人間性を絶賛されるなど、わずか1日でチームメートの心をつかんだ。

 初練習でも、完全にザックジャパンに溶け込んでいた。ウズベキスタン戦を2日後に控えた豊田スタジアム。一番乗りでピッチに姿を見せた宮市は練習前に槙野、李らとリフティングを行っていた。負ければ、おでこを指ではじかれるデコピンの罰ゲーム付き。ルールを間違えて敗者となると「(ルールを)英語で説明してください。そっちの方が慣れているから」と欧州仕込みのジョークを飛ばし、笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年2月28日のニュース