G大阪 セホーン体制7戦目で初黒星

[ 2012年2月25日 18:57 ]

 J1のG大阪は25日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、J1鳥栖とのプレシーズンマッチに1―2で敗れ、セホーン監督の就任から対外試合7戦目で初黒星となった。

 日本代表の遠藤と今野が不在の中、MF佐々木が左足首を負傷して後半途中に交代。スムーズさを欠いた攻撃は決定機を生かせず、徐々に主導権を明け渡した。3月6日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初戦を迎える新監督は「チャンスでとどめを刺さないと、相手が生き返る。本番までに修正したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月25日のニュース