守備陣乱調…マンU 敗れるもヒヤヒヤ16強進出

[ 2012年2月25日 06:00 ]

アヤックスのオズビリスと競り合うマンチェスターUのジョーンズ(左)

欧州リーグ決勝T1回戦第2戦 マンチェスターU1-2アヤックス

(2月23日)
 決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、マンチェスターUはアヤックスに1―2で敗れたが、2戦合計3―2で16強に残った。

 マンチェスターUが冷や汗をかいた。開始6分で先制しながら守備陣が乱調。後半42分に逆転を許すと、さらに1失点すれば敗退という状況となり、ファーガソン監督は「終盤は緊迫した」と嘆いた。

 故障明けのスモーリングが22歳で最年長という最終ラインは安定感を欠き、老将は「若い選手を使い過ぎ、経験という点で大きな問題があった」と落胆していた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月25日のニュース