マレーシア戦で左肩負傷…大迫 精密検査で異常なし

[ 2012年2月25日 08:16 ]

精密検査の結果、左肩に異常がないことが分かった浦和FW大迫

 22日のロンドン五輪アジア最終予選マレーシア戦で左肩を負傷したU―23日本代表FW大迫が24日、茨城県内の病院で精密検査を受けた。

 脱臼ではなく骨にも異常がなかったため、長期離脱は避けられる見通し。引き分け以上で本大会出場が決まる3月14日のアジア最終予選バーレーン戦は累積警告で出場停止となるため、同10日のリーグ開幕戦・仙台戦に向けて調整することになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月25日のニュース