フェリペ鹿島残留 補強は7選手で打ち止め

[ 2012年1月16日 07:36 ]

 ブラジル人MFフェリペ・ガブリエルが今季も鹿島に残留することが確実となった。

 新外国人を獲得する枠を空けるため、放出の可能性もあったが、鈴木満常務取締役は「フェリペは残る。2列目は今いる選手に頑張ってもらう」と明言した。

 これで、今オフの補強は打ち止め。新加入は川崎Fから獲得したFWジュニーニョ、流通経大のU―23日本代表MF山村ら7人で、ジョルジーニョ新監督のもとで3年ぶりのリーグ優勝奪回を目指す戦力が固まった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月16日のニュース