マラドーナ氏手術 腎臓結石を取り除く

[ 2012年1月16日 13:08 ]

 アルゼンチン代表の元選手、監督で現在はアラブ首長国連邦(UAE)のアルワスルを指揮するディエゴ・マラドーナ氏が15日、腎臓の結石を取り除く手術のため、地元の病院に入院した。AP通信が報じた。

 地元メディアによると、手術は成功し、16日に退院できる見込みという。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月16日のニュース