直筆手紙もらったなでしこ 沢「伸子夫人のこともあるので内緒」

[ 2011年8月18日 15:36 ]

国民栄誉賞を受賞し、菅首相から記念の盾を受け取る「なでしこジャパン」の沢穂希選手(左)。右は佐々木則夫監督

 菅直人首相は18日午後、官邸で、サッカーの女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」に国民栄誉賞を授与した。

 首相や伸子夫人らと懇談した、主将の沢穂希は「(授与されて国民栄誉賞の)実感がわいた」と話し、笑顔を見せた。懇談では決勝のアメリカ戦の話題などで盛り上がり、選手やスタッフらには伸子夫人直筆の手紙が一人ずつ手渡された。

 内容について沢は「伸子夫人のこともあるので内緒。でも、最後には“世界一の感動をありがとう”」と書いてあったと話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月18日のニュース