宮市 次戦欧州CL登録!24日デビューも

[ 2011年8月18日 06:00 ]

 アーセナルのFW宮市亮(18)が24日の欧州CLプレーオフ第2戦の敵地ウディネーゼ戦でデビューする可能性が出てきた。

 チームは16日にホームで行われた同第1戦で1―0と先勝。英国の労働許可証を取得した宮市は、手続きのため日本に一時帰国中でベンチ入りしなかったが、第2戦に向けて急きょ登録メンバー入りを果たした。18日にも英国に戻る予定。クラブ関係者は20日のリーグ戦(対リバプール)について「出場はないだろう」と語っており、初のメンバー入りは24日のウディネーゼ戦が濃厚となってきた。

 「(宮市は)控えではなくレギュラーポジションを争うことになるだろう」というベンゲル監督の言葉を裏付けるように、クラブは16日に宮市と同じポジションのメキシコ代表FWベラをRソシエダードへ期限付き移籍で放出。13日のニューカッスル戦で乱闘を演じたFWジェルビーニョがリーグ戦3試合の出場停止処分を科されたことも、宮市にとっては追い風だ。エースのFWセスク・ファブレガスがバルセロナに移籍して変革を余儀なくされるチームで、新星・宮市にかかる期待はより大きくなりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月18日のニュース