Jリーグ経営情報開示…J1赤字クラブ9に 

[ 2011年8月18日 19:29 ]

 Jリーグは18日、2010年度のJ1、J2の全37クラブの経営情報を開示し、J1で経常利益の単年度赤字クラブは前年度の5から9と増えた。浦和、名古屋、横浜Mなど、営業収入が多いクラブも赤字に変わった。J1の1クラブ当たりの平均営業収入は30億3千万円で、前年度比で約2億7千万円減だった。リーグによると、世界的な不況の影響を受けたことが大きな要因。

 営業収入のトップは、収支が公開された05年度から6年連続でJ1浦和の56億2500万円だったが、前年度比で8億円以上も減った。

 1クラブ増えたJ2の経常利益の単年度赤字クラブは前年度比2減の8で、平均営業収入も約3千万円増の9億2600万円だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月18日のニュース