栗原が横浜通算1000ゴール目!2連勝で2位浮上

[ 2011年6月27日 06:00 ]

<山形・横浜>前半、チーム通算1000ゴール目を決め雄たけびをあげる横浜・栗原

J1第18節最終日 横浜2-0山形

(6月26日 NDスタ)
 横浜は敵地で山形に2―0と快勝して2位に浮上。史上4クラブ目となるJリーグ通算1000得点も達成した。
【試合結果】

 横浜のリーグ通算1000ゴール目を決めたのは、日本代表DF栗原だった。前半44分、DF金井の左クロスを頭で叩き込んだ。試合前からひそかに狙っていた栗原は「クラブの歴史に自分の名前が刻まれうれしい」と自身今季2点目に喜びを爆発させた。

 鹿島、磐田、G大阪に次ぐ史上4クラブ目の大台で、93年5月15日にV川崎(現東京V)とのJ開幕戦でFWエバートンが決めた第1号弾から19シーズン目での達成。当時9歳だった栗原は国立競技場でその試合を観戦していた。その試合で左CKから第1号をアシストした木村監督からはハーフタイムにトイレで「かっこよかったのお」と褒められたという。

 チームは守備の要の記念ゴールで今季2度目の連勝を飾り、2位に浮上。勝ち点24で並ぶ3位・川崎Fと対戦する7月3日の神奈川ダービーで今季初の3連勝を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月27日のニュース