バスガイドになった磐田ルーキーコンビ MF小林は鼻声で離脱

[ 2011年6月27日 12:37 ]

 J1磐田の黄金ルーキーがサポーターをヤマハスタジアムへエスコートする。ホームの試合日に遠鉄バスが運行する磐田、浜松駅からスタジアムへのシャトルバスの車内アナウンスを、7月3日の神戸戦からMF山田、FW金園が担当する。当初は新人3人の予定だったが、収録日に鼻声だったMF小林は“離脱”した。

 クラブ関係者は「新人の声やキャラクターもサポーターの方々に覚えていただきたい」と、起用した理由を説明した。

 2人の“新人バスガイド”は、停留所のお知らせや「急停車にご注意ください」などの呼び掛けを担当。収録前から練習に励んでいた金園は「練習はふざけてやっていたんですが、本番はまじめにやりました」。山田は「面白いアイデアだと思うし、これからも協力したい。不評だったら再挑戦したいですね」と“副業”にも本気モードの2人の声に期待大だ。

 また車内は、今季の磐田シーズンソング、ソナーポケットの「ハレルヤ!!!!!!!」が常時流される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月27日のニュース