ドイツ優勢?女子W杯でゾウやタコが勝敗予想

[ 2011年6月27日 06:00 ]

 ドイツ・ホーゲンハーゲンのサファリパークで飼育されているゾウのネリーが、女子W杯開幕カードのドイツ―カナダ戦(26日)の勝者を予想。長い鼻を使ってボールを転がし、ドイツが「1―0」で勝つという結果を導き出した。

 一方、各地の水族館から“精鋭”8匹が参加したタコによる予想では3匹がドイツ、2匹がカナダ、3匹が引き分けを選択。昨年の男子W杯ではドイツの全試合と決勝戦の計8試合をタコのパウルくんが的中させており、どのタコが後継者?になるのかが注目されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月27日のニュース