Kリーグ八百長疑惑 元代表GKも関与か

[ 2011年6月27日 17:20 ]

 27日付の韓国紙、朝鮮日報はサッカーの韓国プロ、Kリーグでの八百長疑惑で、韓国代表経験もある現役GKが八百長に加わったと、同リーグに申し出たと報じた。

 同紙によると、この選手は全北に所属し、2008年には代表にも選ばれた。全南に所属していた昨年、八百長に加わったとしている。24日に申し出を受けた全北では、25日にこの選手を検察当局に引き渡したという。

 検察当局は5月下旬、八百長を仕組んで、試合結果を当てる「スポーツくじ」で不当な利益を上げたとして、選手やブローカーらを逮捕。同リーグは今月17日、関与した現役選手10人の永久追放を決めていた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月27日のニュース