なでしこ一丸!ベスト8超え狙う!

[ 2011年6月27日 06:00 ]

公式練習で調整する沢(中央)ら日本イレブン

 女子W杯ドイツ大会が開幕し、日本は27日午後3時(日本時間同10時)から、ボーフムで1次リーグB組のニュージーランドとの初戦に挑む。

 前日会見に臨んだ佐々木監督は「この大会にかける思いは北京五輪や以前のW杯より強い」と一丸となった選手の雰囲気を代弁した。チームは26日、試合会場で最終調整した。芝の感触を確かめるようにパス回しから始め、守備の連係を確認。攻撃陣はサイドからクロスを上げてのシュート練習を行った。主将の沢は「日本の足元の技術、パスワークという良さを出したい」と自信をのぞかせた。

 日本は前身の世界選手権を含め、6大会連続の出場。FIFAランキングは過去最高の4位で、1995年スウェーデン大会のベスト8を上回る好成績を狙う。日本は1次リーグで、7月1日にメキシコ、5日(日本時間6日)にイングランドと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月27日のニュース