×

通常の8分の1“節電マッチ”で平山4発!

[ 2011年3月28日 06:00 ]

募金を呼び掛けるFC東京・平山(左端)ら

 J2FC東京は、ホームの味スタでJFLの横河武蔵野と“チャリティー練習試合”を行い、FW平山の4得点などで8―2と快勝した。

 試合前の選手らの募金活動で833万2637円を集め、さらに選手グッズの慈善オークションでは長友のスパイクに100万円を超える入札があるなど247万838円、合計1000万円を超える義援金を確保した。

 また試合は味スタに避難してきた約180人のうち約90人が観戦。福島県いわき市の黒田智修くん(15)は双子の兄・俊将くんと中学サッカー部で東北大会に出場しており「楽しかったです。平山選手は凄いですね」と笑顔を見せた。

 会場では大型ビジョンを使わないなど節電を徹底し、電力消費を通常の約8分の1に抑える“エコマッチ”となった。

 ▼FC東京FW平山話 全力プレーをすることで(観戦した人が)楽しい気持ちになってもらえればと思っていた。ゴールで喜んでもらえたらうれしい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年3月28日のニュース