仙台が再始動 FW柳沢ら避難所でバケツリレー手伝う

[ 2011年3月28日 12:46 ]

避難所でバケツリレーを手伝う、仙台の柳沢(中央)

 サッカーのJ1仙台が28日、東日本大震災の影響で休止していたチームの活動を再開した。仙台市のクラブハウスに集合した選手、スタッフは宮城県石巻市の市役所や避難所に向かい、救援物資を届けたほか、ボランティア活動を行った。

 選手らは数人のグループに分かれ、避難所の石巻市の小中学校を訪問した。市立向陽小では、手倉森誠監督(43)や元日本代表FW柳沢敦選手(33)が約50人の子どもたちとサッカーをした後、プールからトイレに水を運ぶバケツリレーを手伝った。

 手倉森監督は「少しでもメンタルケアができればと思った。ベガルタの息をあちこちに吹き込んで元気を与えたい」と話した。6年生の有松大雅君(12)は「選手も来てくれたし、友達にも会えた。外であまり遊べなかったのでうれしかった」と喜んだ。

 仙台は震災で本拠地のユアテックスタジアム仙台や、練習場に隣接するクラブハウスが損傷するなどの被害があった。29日に練習も始め、4月23日に予定されているリーグ戦再開に備える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月28日のニュース