ザック30日渡欧…4月は欧州サムライ視察月間

[ 2011年3月28日 06:00 ]

 日本代表のザッケローニ監督が、東日本大震災復興支援試合Jリーグ選抜戦の翌30日にも渡欧し、欧州クラブに所属する日本人の試合を可能な限り視察することになった。

 今合宿に欧州組を過去最多の12人招集していることもあり、欧州CL決勝トーナメントで初の日本人対決となる4月5日のインテル・ミラノ―シャルケ戦などに足を運ぶ。関係者は「欧州組は慈善試合で日本に一時帰国した後にすぐに欧州で試合をする過密日程。監督は厳しい日程の中で選手がどのようなパフォーマンスを見せるかチェックしたいと言っていた」と説明した。

 指揮官は4月23日のJリーグ再開に合わせて再来日する見通しだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2011年3月28日のニュース