×

故郷塩釜へ届け!G大阪・佐々木が先制弾!

[ 2011年3月28日 06:00 ]

<G大阪・神戸>試合後、宮城出身の佐々木が応援メッセージの書かれたTシャツを着て被災地へのエールを送る

 27日に行われた慈善試合のG大阪―神戸(万博)で東北出身選手が活躍した。

 前半3分、宮城県塩釜市出身のG大阪MF佐々木が先制ゴールを決めると、喪章を天に掲げ「一日でも早く皆さんの笑顔が戻りますように」と書き込んだアンダーシャツを披露。「難しい位置づけの試合だったが一生懸命プレーできた」と感慨深げだった。

 後半31分には福島市出身の神戸DF茂木がFW戸倉の同点弾をアシストし、2―2の引き分けに持ち込んだ。試合後は佐々木とともに「みんなでできることを協力し合いましょう」と呼びかけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年3月28日のニュース