宮市 好機は演出も…不敗神話7戦目で崩壊

[ 2011年3月21日 06:00 ]

ローダ戦の後半、攻め込むフェイエノールトの宮市(中央)

オランダリーグ フェイエノールト0―3ローダ

(3月20日)
 フェイエノールトは20日の敵地ローダ戦に0―3で完敗した。FW宮市亮は7試合連続で先発出場し、主に左ウイングでプレーした。

 前半9分には、ドリブル突破から左足の強烈なシュートで相手ゴールを脅かすなど、何度か見せ場をつくったが、5試合ぶりのゴールは決められなかった。移籍後初出場した2月6日のフィテッセ戦からの不敗神話(4勝2分け)もストップ。宮市は笑顔を見せることなく、ピッチを後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月21日のニュース