【鳴門ボート・第25回マスターズチャンピオン】谷村一哉 巧みなレース運びで準優を突破

[ 2024年4月20日 19:36 ]

準優勝戦11Rで2着に入り、優勝戦に駒を進めた谷村一哉
Photo By スポニチ

 <鳴門21日12R優勝戦>谷村一哉(45=山口)が巧みなレース運びで優勝戦に進出した。

 20日の11R準優勝戦は4号艇で出走。3コースカドに引いた寺田祥が強力な伸びを生かして捲ると、4コースから冷静に展開を突いて2着を確保した。

 「寺田選手の3カドは想定していた。伸びは寺田選手の方がだいぶ上。自分の伸びは普通で、どちらかといえば出足の方がいい。レースのしやすさを求めてプロペラを合わせている」と振り返った。

 21日の12R優勝戦は4号艇で登場する。激しいコース争いが予想されるが「進入は気持ち的には枠近辺のダッシュで行きたい」と口にした。ファイナルも臨機応変に立ち回り、自在に突破する。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年4月20日のニュース