【西武園競輪 74周年記念 初日5R】山口多聞 初の地元記念で1着発進 「応援団が凄かった」

[ 2024年4月20日 13:14 ]

<西武園競輪場>地元記念初参戦で1着スタートの山口多聞
Photo By スポニチ

 地元の新鋭・山口多聞(22=埼玉・121期)が白星発進を決めた。前受けから突っ張ると、無理やり仕掛けた磯島康祐の番手にハマる。最終1コーナーから踏み込むと、そのまま押し切ってみせた。初の地元記念参戦で最高のスタート。山口は「緊張しました。応援団が凄かった。いると知らなくて驚いた。力になりましたね」と声援に感謝した。記念は3度目の参戦。高松、松山でも一次予選は突破したが、いずれも二次予選で敗退した。「地元というのは置いておいて、記念でも準決勝に乗れるようにしたい。また緊張すると思いますけどね」と次なる目標を挙げた。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月20日のニュース