×

【七夕賞】ロザムール 華麗に加速で織り姫の舞!昨年2着雪辱へ丸田「元気いっぱい」

[ 2022年7月7日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るロザムール(撮影・郡司修)
Photo By スポニチ

 夏は牝馬だ、穴男だ!「第58回七夕賞」(10日、福島)の追い切りが6日、美浦、栗東トレセンで行われ、昨年の2着馬ロザムール(牝6=上原博)が暑さを吹き飛ばす軽快なフットワークを披露。コンビを組む関東屈指の“穴男”丸田恭介(36)も一発を狙う。

 織り姫とひこ星が年に一度限りの逢瀬(おうせ)をかなえる猛暑の天の川に咲くのは愛のバラ(ロザムール)か。栗毛の被毛を織り姫星のように黄金色にキラキラ輝かせながらWコースを加速していく。カササギが翼を広げて天の川に架けてくれた橋を渡る織り姫さながらの弾む脚取り。単走でもそのフットワークは恋しいひこ星と併せ馬をしたような喜びに満ちている。「暑くても元気いっぱいですよ。先週は記録的な猛暑になったけどダメージは全くない」。調教スタンドから双眼鏡を向けていた上原博師も満足そうにほほ笑んだ。「あとは展開。ブリンカーを再び着ける予定だが、自分のペースで行ければ昨年(七夕賞2着)ぐらい頑張れると思う」

 夏は牝馬という。過去10年で牝馬はJRA重賞137勝(牝馬限定除く)を挙げているが、そのうち58勝は7~9月に稼ぎ出した。七夕賞は例年、梅雨明け前に施行されるとあって牝馬が苦戦。過去30年で牝馬の優勝は11年イタリアンレッド(中山で代替開催)だけだが、この年はレース前日に梅雨明けが発表され、最高気温32度の猛暑の中で2頭出走した牝馬が1、3着。「夏場は冬のように体が硬くならない」(イタリアンレッドの古川助手)と夏女ぶりを発揮した。

 「今回は体が硬くならずに牧場から帰ってきたようです。(梅雨明け直後の)1週前追い切りの動きもいい雰囲気でしたよ」。ロザムールの手綱を託された丸田も手応えを膨らませる。4年前の七夕賞でブービー11番人気メドウラークで勝って波乱を起こした穴ジョッキーは梅雨明けの先週土、日曜(2日福島、3日函館)のメインレースを連勝。気温とともに運気も上昇している。「七夕賞って何かあるレースなので好きなんですよ」と笑った。

 梅雨明けの七夕賞に何かあるとすれば…。乱ペースに巻き込まれて前走は最下位に沈んだ織り姫の反転攻勢。猛暑の天の川に咲く愛のバラ(ロザムール)だ。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年7月7日のニュース