×

【次走】アスクビクターモアはセントライト記念を視野

[ 2022年7月7日 05:10 ]

 【次走】

 帝王賞2着チュウワウィザード(牡7=大久保)はJBCクラシック(11月3日、盛岡)からチャンピオンズC(12月4日、中京)が本線。

 ダービー3着後に放牧中のアスクビクターモア(牡3=田村)は8月中旬に帰厩してセントライト記念(9月19日、中山)を視野に。

 宝塚記念12着グロリアムンディ(牡4=大久保)は国際G3コリアC(9月4日、ソウル)が目標。

 同13着メロディーレーン(牝6=森田)は丹頂S(9月4日、札幌)。

 新潟大賞典1着レッドガラン(牡7=安田隆)は札幌記念(8月21日、札幌)。

 安田記念6着ダノンザキッド(牡4=安田隆)は関屋記念(8月14日、新潟)。

 マイラーズC3着ファルコニア(牡5=高野)、都大路S2着ダブルシャープ(牡7=渡辺)、谷川岳S2着ベレヌス(牡5=杉山晴)は中京記念(24日、小倉)。

 CBC賞3着アネゴハダ(牝3=佐々木)は北九州記念(8月21日、小倉)に登録。

 同10着アンコールプリュ(牝7=友道)は朱鷺S(8月28日、新潟)。

 函館スプリントS10着シゲルピンクルビー(牝4=渡辺)はキーンランドC(8月28日、札幌)。

 国東特別をレコード勝ちしたガイアフォース(牡3=杉山晴)は2勝クラスの柳川特別(8月13日、小倉)か菊花賞TRを見据える。

 【2歳次走】
 函館新馬勝ちニシノシークレット(牡=村田)、同未勝利勝ちミスヨコハマ(牝=斎藤誠)は函館2歳S(16日、函館)へ。

 東京新馬勝ちシャンドゥレール(牡=国枝)は引き続きM・デムーロとのコンビで札幌2歳S(9月3日、札幌)。

 小倉新馬勝ちサツマノオンナ(牝=新谷)はひまわり賞(8月27日、小倉)。

 同厩舎の小倉未勝利勝ちウメムスビ(牡)はフェニックス賞(8月13日、小倉)。

 福島新馬勝ちチカポコ(牝=西園正)は新潟2歳S(8月28日、新潟)か小倉2歳S(9月4日、小倉)へ向かう。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年7月7日のニュース