×

【愛知杯】戦い終えて

[ 2022年1月16日 05:30 ]

 ▼2着マリアエレーナ(坂井)スタートも良かったし、いいポジションで折り合いをつけて運ぶことができました。直線は右へモタれる面がひどくて、それがなかったら勝っていたと思います。

 ▼3着デゼル(川田)最近の中では、具合の良さを感じていました。その通り走ってくれました。着差はわずかですが、全力の3着だったと思います。

 ▼4着ソフトフルート(岩田望)内の選択肢もあったけど外を回してしまった。最後の脚は使ってくれた。展開と乗り方次第ではチャンスがある。

 ▼5着アイコンテーラー(亀田)馬のリズムでいきました。いつもソラを使うが今日はソラも使わず手応えも良かった。

 ▼6着クールキャット(団野)返し馬から状態の良さを感じ、攻めの競馬をしました。ただ1角の入りでポジションが後ろになってしまった。

 ▼7着カセドラルベル(幸)3、4角で外へモタれていたが直線に向いて脚を使ってくれた。展開ひとつかな。

 ▼8着アナザーリリック(津村)4角から甘くなった。体重は増えていたが、重いにしてももっと伸びていい。

 ▼9着マジックキャッスル(ルメール)スタートから忙しかった。直線では広いスペースがなかった。

 ▼10着ラルナブリラーレ(池添)微妙に距離が長いかも。

 ▼11着アンドヴァラナウト(松山)好位でためるイメージ通りの競馬はできた。4角で前の馬が外に出てきたが、それにしても最後は思った脚が使えなかった。

 ▼12着ラヴユーライヴ(松岡)出遅れました。遅くなると思って4、5番手に付けたかったけど…。最後は脚を余しました。

 ▼13着スライリー(石川)1角で力みスイッチが入って、ごちゃついて少し折り合いを欠いた。

 ▼14着シゲルピンクダイヤ(和田竜)ペースも楽に行けたし最後も余裕がある感じだと思ったが…。何が原因か分からない。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2022年1月16日のニュース