×

【中山新馬戦】グリューヴルム 断然人気に応えた!石橋も笑顔「今後が楽しみ」

[ 2022年1月16日 05:30 ]

 中山4R新馬戦(ダート1800メートル)は08年スプリンターズSの覇者スリープレスナイトのおいグリューヴルム(牡=大久保、父キズナ)が楽に抜け出し断然の1番人気に応えた。

 石橋は「よく調教されていて凄く素直。砂をかぶると嫌がり、内だと気持ちが乗らないと思ったので外に出した。抜け出してから物見をしていた。その分、上積みがあると思うし、今後が楽しみ」と笑顔。大久保師は「まだ子供っぽいところもあるが、素質はいいものがある。今後は一度ガス抜きしてから」とした。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2022年1月16日のニュース