×

【中京新馬戦】マテンロウボンド 最速上がりでデビューV!野中師「能力が高い」

[ 2022年1月16日 05:30 ]

ゴール前のたたき合いを制し、新馬戦に勝利した川田騎乗のマテンロウボンド(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京6R新馬戦(芝2000メートルは2番人気マテンロウボンド(牡=野中、父キズナ)がデビューV。好位追走からメンバー最速の上がり3F34秒2の脚で鋭く伸びて、ゴール前で差し切った。「返し馬からとてもいい馬だと分かりました。ちゃんと勉強したいと思っていましたが、その通りに競馬をしてくれました。先々が楽しみです」と川田。野中師は「まだ緩くてフラフラしていたが余裕で勝ってくれた。能力が高い。このあとは状態を見て」と話した。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2022年1月16日のニュース