初子出産「アーモンドアイ」がトレンド入り ネット歓喜と祝福「エピファネイアとの仔とか夢ありすぎる」

[ 2022年1月13日 16:59 ]

アーモンドアイ(右)と初子の牡馬(父エピファネイア)(ノーザンホースパーク提供)
Photo By 提供写真

 歴代最多芝G1・9勝の名馬アーモンドアイ(牝7)の初子が13日に誕生したことが分かった。父はエピファネイア。シルクホースクラブが発表した。するとYahoo!リアルタイム検索では「アーモンドアイ」がトレンド入り。ネット上が歓喜と祝福の声にあふれた。

 ノーザンホースパークのツイッター公式アカウントは「1月13日深夜、アーモンドアイが待望の初仔を出産しました!額の星が特長的な男の子はエピファネイア産駒。母子ともに経過は順調です。このたびたくさんのファンの皆さまから安産祈願のお守りをいただきました。暖かいお心遣いありがとうございました」(原文まま)と報告。

 これにネット上では「アーモンドアイ出産とはこりゃめでたい」「アーモンドアイの初仔が産まれたか!かわいいのう」「アーモンドアイの出産が無事終わったようですね!めでたい!嬉しい!」と祝福の嵐。

 父母ともに人気のあったG1馬ということもあり「アーモンドアイとエピファネイアの子供とか将来が楽しみすぎる」「アーモンドアイとエピファネイアの仔とか夢ありすぎる。元気に育ちますように」「アーモンドアイの子供!!走るの楽しみ」「父エピファネイア、母アーモンドアイとかもう期待せざるを得ない」「アーモンドアイの初仔がデビューするのは、早ければ2年後。待ち遠しい」と早くも初子の将来に期待するファンの声も。

 他には「出産って奇跡だと思うから、母子共に無事で良かったなと思った」「予定日過ぎてソワソワしてた~~~親子共に無事でなにより」など安どした様子のコメントや、「初仔出産のニュースがトレンドに上がるなんて、さすがアーモンドアイ」と注目度の高さに驚く声もあった。

続きを表示

この記事のフォト

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月13日のニュース