×

【愛知杯】ルビーカサブランカ CWでキレキレ、須貝師も満足「いい動きだった」

[ 2022年1月13日 05:30 ]

CWコースにて併せ馬で追い切るルビーカサブランカ(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 重賞初挑戦のルビーカサブランカは酒井(レースは武豊)を背にCWコース併せ馬で切れ味を発揮した。サトノアヴァロン(3歳未勝利)の内から馬体を併せ、直線は楽な手応えのまま首差先着。ラスト1Fは11秒2の好時計をマークした。見届けた須貝師は「いい動きだった」と満足げ。キャリア19戦のうち掲示板を外したのは1回しかない。「元々相手なりに走っていたしハンデの52キロも魅力やな」と期待を寄せた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月13日のニュース