最優秀短距離馬はグランアレグリア 3年連続でJRA賞、藤沢和師「いいお母さんになってほしい」

[ 2022年1月12日 05:30 ]

2021年度JRA賞

昨年のマイルCSで連覇を果たすグランアレグリア(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 最優秀短距離馬はグランアレグリア。春のヴィクトリアマイルで古馬マイルG1をコンプリート。ラストランのマイルCSを連覇で飾るなど、年間を通じて活躍し2年連続受賞。19年最優秀3歳牝馬と合わせ3年連続のJRA賞となった。藤沢和師は「調教師として最後の年に価値ある賞を頂いて光栄です。私自身、偉大な馬だったと感動した。いいお母さんになってほしいです」と喜びを語った。現在は生まれ故郷のノーザンファーム(北海道安平町)で静養中。初年度の交配相手はエピファネイアが有力となっている。

 ◆グランアレグリア 父ディープインパクト 母タピッツフライ(母の父タピット)牝6歳 サンデーレーシング 美浦・藤沢和 ルメール ノーザンファーム 5戦2勝 3億5359万8000円(ヴィクトリアマイル、マイルCS)

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月12日のニュース