最優秀2歳牡馬はドウデュース 無傷3連勝の優等生、友道師「使うごとに力を付けてくれた」

[ 2022年1月12日 05:30 ]

2021年度JRA賞

昨年の朝日杯FSを制したドウデュース。初制覇でガッツポーズの武豊(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 最優秀2歳牡馬は無傷の3連勝で朝日杯FSを制したドウデュースが受賞。友道師は「使うごとに力を付けてくれました。普段からオンとオフがしっかりしていてジョッキーのGOサインにしっかり反応してくれる」と優等生ぶりを称える。「現在は(放牧先の)ノーザンファームしがらきで順調です。今年は弥生賞ディープインパクト記念(3月6日、中山)から皐月賞(4月17日、中山)を予定。追われる立場になりますが、しっかり結果を出せるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

 ◆ドウデュース 父ハーツクライ 母ダストアンドダイヤモンズ(母の父ヴィンディケーション)牡3歳 キーファーズ 栗東・友道 武豊 ノーザンファーム 3戦3勝 9527万4000円(朝日杯FS)

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月12日のニュース