最優秀4歳以上牡馬はコントレイル ラストランのジャパンCで大団円

[ 2022年1月12日 05:30 ]

2021年度JRA賞

昨年のジャパンカップを制した福永騎乗のコントレイル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 引退レースとなった昨年のジャパンCに優勝。大団円を飾ったコントレイルが最優秀4歳以上牡馬を受賞。矢作師は「本当はもっとファンの皆さんに姿を見てほしかったけど、なかなか脚元との闘いが厳しく、(年間)3回しか出られなかったことは残念でした。最後にようやくこの馬の強さを見せられたのかなとは思います」と感慨深げ。春からは種牡馬として第二の生活がスタート。「その仕事が待っているからの引退。期待しています」と話した。

 ◆コントレイル 父ディープインパクト 母ロードクロサイト(母の父アンブライドルズソング)牡5歳 前田晋二氏 栗東・矢作 福永 ノースヒルズ 3戦1勝 3億9918万4000円(ジャパンC)

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2022年1月12日のニュース