【関越S】サトノウィザード 大外差し切った、福永「素質高い。今後が楽しみ」

[ 2021年8月2日 05:30 ]

<新潟11R・関越ステークス>レースを制したサトノウィザード(左端)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 新潟11R・関越Sは2番人気サトノウィザード(牡5=宮田、父ロードカナロア)が松田国厩舎(定年解散)からの転厩初戦でV。道中は後方15番手にいたが、直線で大外から差し切った。

 「以前と比べ、モタれる面を見せなかった。反応が良すぎて仕掛けが早くなったが今日のような感じなら左回りでもOK。素質は高い馬。今後が楽しみ」と福永。宮田師は「福永騎手から“重賞を勝てる馬”とプレッシャーをかけられていたので結果を出せて良かった。直線の反応も抜群だった」と笑顔を見せた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年8月2日のニュース