【つばき賞】ヴィゴーレV 田辺「メリハリのある競馬ができました」

[ 2021年2月20日 17:43 ]

<阪神9R・つばき賞>最後方から差し切って快勝するヴィゴーレ(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 20日の阪神9R・つばき賞(芝1800メートル)は4番人気ヴィゴーレ(牡3=松永幹、父キズナ)が最後方を追走、直線は内めから脚を伸ばして差し切った。

 田辺は「前半は流れに乗れなかったけど、メリハリのある競馬ができた。最後まで脚を使ってくれて良かった」と評価した。勝ち馬からは17年ファンディーナ、18年ユーキャンスマイル、19年ワールドプレミアがのちに重賞V。出世レースをステップに、春へ羽ばたく。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月20日のニュース